激しいラブシーン

アン・リー監督新作は激しいラブシーンexclamation×2
 カチンコ映画「ブロークバック・マウンテン」
06年アカデミー監督賞を受賞した台湾出身の
アン・リー監督の新作
「ラスト、コーション」 (2月2日公開)の
劇中写真が6日、公開された。
 1940年代の日本占領下の上海と香港を舞台に
2人の男性の間で揺れる女スパイ(タン・ウェイ)を
描いた作品。
問題のシーンは、が陰の実力者(トニー・レオン)に
乱暴されて横たわるシーンどんっ(衝撃)
中国本土ではセックスシーンが7分間カットされたが、
完全版が上映された香港や台湾まで
観賞しに行く人が続出exclamation×2
中国当局が性描写のまねをしないよう呼び掛けるほど、
話題を呼んでいるひらめき

 昨年のベネチア映画祭でグランプリに当たる金獅子賞を
受賞したほか、今年のゴールデングローブ賞外国語作品賞に
カットされている。




中医学の学校 遼寧中医薬大学日本校






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。