歌姫

ドラマ 歌姫
毎週目見ちょりますやろか?
久しぶりになかなか面白いドラマですわーい(嬉しい顔)

最近になって、なんでタイトルが『歌姫』なんだろうexclamation&question
たしか最初は鈴がカラオケのど自慢でロバートの秋山と
勝負するような話だったから、
歌にまつわる話っぽかったけど
最近は全然歌はやらないし。
なんでやろかexclamation&question
と調べたら、

2007年秋、小泉旭 (長瀬智也) は “昭和の歌姫”
と呼ばれた大歌手であり、母親でもある
小泉さくら (ジュディ・オング) の言いつけで
東京から土佐清水にやってくる。

さくらは自分の父がこよなく愛したという
映画「歌姫」を息子に見せるため、
遠く高知の映画館までわざわざ旭に足を運ばせたのだ。
旭は閉館前の最後の上映だというオリオン座の座席に身を沈め、
上映が始まるのを待つ…。

時代はかわって昭和30年代の土佐の田舎町・土佐清水。
映画館・オリオン座の映写技師の
四万十太郎 (長瀬智也=二役) は、
オリオン座の主人・岸田勝男 (高田純次) と
妻・浜子 (風吹ジュン)、その娘・鈴 (相武紗季) と
一緒に暮らしている。
太郎は10年前に土佐の海岸で倒れていたところを
勝男に助けられ、九死に一生を得たのだが、
以前の記憶が一切なく、
仕方なく四万十太郎と名乗っているのだった。
太郎と鈴はいつも憎まれ口を叩き合って、
二人は喧嘩ばかり。
しかし鈴は太郎にほのかな恋心を抱いていた。

っていうのが一話の話だったんですねダッシュ(走り出すさま)
すっかり一話の初めのこと、すっかり忘れてましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

これから太郎の記憶は戻ってしまうのだろうか?

美和子と一緒になってしまうのかな??

太郎と鈴は結ばれるのかな???













この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[4人目]おお、高田純次様
Excerpt: 素敵です。 ピコピコモーションが好きです。 視線が止まったその瞬間がヤバイです。 おとぼけフェイントが、アルデンテです。
Weblog: 本日の男性 ~人の好みは十人十色~
Tracked: 2008-02-06 23:57

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。